2008年04月16日

田役(たやく)の日

先日はネット上であるにもかかわらず、

皆さんをお誘いして、山に行ってきたわけですが、




先日の日記、

一説には「仙人」な「詩人」チックな日記でありました。

実際の心中は、あのような世界が広がっておった私であります。






が!





実の所、私その日は所用で山へ行っておりました。





その所用とは・・・・




2007fuyu 415.jpg

ハァ〜イ、働いてま〜〜す♪






この日は部落の「田役」(たやく)の日。

田役というのは本来は、田んぼを作っている人達が、

春、田に水を引き込むべく、集落に水を引き込んでいる水路の掃除を

みんなで一斉にやる日である。



以前は集落内にも、田んぼを作っている人が沢山居たので、

田役の日は大層賑わった事だろうとは思うのだか、

現在、わが集落で田んぼをやっている人は2人になり、

最近は飲料水として水を使っている人も「田役」に参加することとな

った。




だから私も行くのである。

高齢のおばあさんたちは、田役の後の宴会の準備をやっている。

総勢8名。

そのうち私たち山奥に行くグループは私を入れて5名ほどである。

ほぼ80歳の方がこの中には2名居る。

皆この集落で生まれて、育った人達である。

町に家を建てていても、ほとんどの時間をこの山の集落で過ごしてい

る人も居る。



2007fuyu 403.jpg



みんな写真を撮られるのは嫌いである。

カメラを向けると思いっきりあっちを向いてしまう。

「今時、魂を取られるということは無いよ」と言っても、

にやりと笑って、「撮るなよ」とか言うのである。



それでも、この作業風景を撮影し、提出書類に添付をしないといけな

いとのことが掃除の後で判明して、

「それじゃぁ1枚撮りますか」とカメラを向けると、




2007fuyu 412.jpg

物凄い素早さで、このポーズである。

ちなみにこの溝の掃除は終了していたので、

正しくは『再現風景』ということになる。





今回デジカメ持参で参加したのだけれど、

皆さん、デジカメを見るのが初めてだったようで、

撮影した写真がすぐに見れるということに驚いて、

撮影した後は「見せろ見せろ」とうるさかった。(笑)

見た後には、「べんりじゃのぉ」とみんなで感心していた。





それでも、写真を撮られるのは「いや」と言うのだから・・・



本当は恥ずかしいのだなと、

この時になってようやく解った私であった。






こんなやり取りの間、昔話なんぞを聞きまくるのだ。

おじいさん達を質問攻めである。(笑)

何にも無い時代に普通に生きてきた人達だから、

便利な物が一杯ある時代に生まれてきた人間にとっては、

聞きたいことだらけである。

「わしゃこうじゃった」に、横から「うんにゃ、こうじゃろ」と

いろんな意見が飛び交うのだ。




物凄く面白い。




みんなで集まるチャンスは沢山あるわけではなく、

それに、

私がこの集落に越して来てからも、田役のメンバーは

減少して行っているのである。




ぽつり、ぽつりと、居なくなっていくのを

見ている私は、寂しさと言うよりも、

どれだけ謳歌して生きてきたかも聞き知っているので、

「おつかれさま」と言う気持ちでもあるのだが。





わははと笑いながら、溝をさらえる私たちを、

林床にひょっこり生えたマムシ草が見ておったわけです。

2007fuyu 409.jpg



春田役 

つられて笑う 

マムシ草






春のクリックキャンペーン中右斜め上

さぁあなたも「レッツクリック!」
ぶろぐらんきんぐ「四国」にて参加中です♪
よろしかったら、この緑の四角い所をクリックしてください〜(一日一回のみ・ワンクリックで10ポイント加算されます!)
uOLO.gif


posted by くまちゃん at 10:59| 高知 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう♪
デジカメって、おじいさんに人気があるんですよね。
凄く興味を持ってくださるんですよ〜
さすが、少年だった方達ですよね♪
私も先日親戚のお祝いの席で、となりに座ったおじいさんの
本格的な一眼レフのデジタルカメラにビックリしてしまいました。
お歳を聞いて2度ビックリ。なんと92歳!!

新しいコトに挑戦なさる年配の方は若い!!
と、つくづく思った一日でした。
Posted by あじ。 at 2008年04月16日 12:01
タラの芽収穫かな?と思っていたら
山のお勤めだったんですね。
お疲れ様です。

田役のメンバーの方
今度あったら、誰かデジカメ買ってる
かもしれませんね〜。
Posted by わんた at 2008年04月16日 15:50
田役・・・懐かしい響きです♪
実家が農家なので、子供の頃は春になると父が『田役』に行き、「カラス貝」を取ってきて、母が泥を吐かせて、焼いて(しかも、七輪で)→口が開くと→しょうゆ→食べるとやっていました。懐かしいです♪
これで、またきれいな水が流れて来ますね。
それを見て、また春を感じたものでした。
お疲れ様でした。(^^)
Posted by これでもmama at 2008年04月16日 17:30
くまちゃんは「前世万葉の歌人だったと言われた事がある」って、ブログに書いてたので「短歌」専門と勝手に思い込んでました・・・

俳句も、うまいですねえ!(批評する知識も無いのに偉そう言ってゴメンネ)

田役の楽しさが、伝わってきました。

いつも家の中にいる「誤字の達人」には、いろんな外の空気・・・刺激になります。ありがとう!
Posted by 花子 at 2008年04月17日 01:12
地域の集まりって
楽しいですね。

大切にしていきたいです。
Posted by jan at 2008年04月17日 03:32
おぉ〜〜〜〜〜
なんて元気な方達なんだろうかぁ〜〜〜
しかし・・年々減っていく・・
そうかぁ〜〜〜人生を謳歌した結果☆
なるほどねぇ〜〜〜〜
その考え方好きです☆
さっすがぁ〜くまちゃん
前向きなプラス思考です♪
Posted by hisami at 2008年04月17日 10:19
あじ。さん、

ほほう、同じような体験が!
それにしても、みんな本当に「はじめて見た」のかしら・・・

92歳でデジカメ一眼レフに挑戦すると言うのも、ステキな事ですね♪
私も最近になって初めてパソコンを触ったんですからね。(笑)

「チャレンジ」は楽しい幸せの扉を開けるきっかけです!





わんたさん、

そうなんですよ「タラの芽」ではなかったんです〜(笑)今頃どれだけ大きくなっていることやら・・・

田役メンバーさん、皆さんデジカメ買ってたら
面白いでしょうね!!!(爆)




これでもmamaさん、

「田役」と言う言葉に、思い出がある人も居るのですね〜♪
その「カラス貝」どんなに美味しかったのでしょうか。

春の風と、田役と、カラス貝と、醤油の香ばしい香りの思い出。いいなぁ・・・




花子さん、


あはは!前世「万葉の歌人」は確かに言われた事があるのですが、うそ臭いです!(笑)

俳句には興味があって、心に浮かべば勝手にブログに添えてきたのですが、花子さんが初めてですよ!「うまいですね!」と言ったのは!!!(爆)

気が付いてくれただけでもうれしいなぁ〜
ヘタなんだけど、皆さんに「目障り」でなければいいんだけど・・・と思いつつだったので。

また四季の風をお送りしたいと思います。





janさん、

そうですね、外から引っ越してきた者にとっては、慣れるまでにじかんが掛かる時があるんですが、その土地の「風土」を知っている人の話は、
聞く価値はあるんですよね。

自分なりでは有るものの「風土」を知るということは生きて行く上ではとても大事な事だと思います。
みんなにとっても、そのための「集い」なのかもしれません。




hisamiさん、

そうなんですよ〜!
みんなすんごい元気かつ、人生謳歌しています!(笑)

これは私が実際暮らしてみて感じた事です。

「生かされている」のではなく「生きている」とも取れる生命力を、この土地の人達に感じた事もあります。生きるって凄いな・・・






Posted by くまちゃん at 2008年04月17日 18:54
ちょくちょく拝見しています。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年04月18日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
西熊家『1縁』キャンペーン中♪(102歳まで続行だったんだ!) こんじるさんちのブログ♪ さぁあなたも「レッツクリック!」 ぶろぐらんきんぐ「四国」にて参加中です♪ よろしかったら、この緑の四角い所をクリックしてください〜(一日一回のみ・ワンクリックで10ポイント加算されます!) 人気ブログランキングへ 西熊家『1縁』キャンペーン中♪(102歳まで続行だったんだ!) こんじるさんちのブログ♪ さぁあなたも「レッツクリック!」 ぶろぐらんきんぐ「四国」にて参加中です♪ よろしかったら、この緑の四角い所をクリックしてください〜(一日一回のみ・ワンクリックで10ポイント加算されます!) 人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。