2010年04月27日

すたーと!

今年の春、

村の高校、大栃高校が廃校になった。



3月、高校の脇の桜は、

ほんとうに、綺麗だった。。。



廃校が決定した時から、徐々に高校生は減らされて、

と、いうか、

新たな新入生は、無くなって、

年々、高校生の姿は減って行ったわけで・・・

とうとう、この春に廃校となった。


昨日、高校の前を車で通り過ぎた時に、

何気なく目をやった校門の、「大栃高校」とあったところには、

剥がされて、何も無くなった

長四角の空間だけが、ぽっかりとあった。



この高校が無くなるとなると、

最短距離の高校は、片道1時間ほどかかる。

バスで通学するには、もっと時間がかかることだろう。

バス代だって、月4万円以上になるのだ。

そんな現実が、どう考えたって、

我が家、母子家庭には、厳しく、

今さらぶっちゃけていうと、

正直な所、子供の高校通学時には、

高校近辺に移住するしかないなと、思っていた。



そんな、心の奥である程度決心していた一年前だった。



「田舎暮らし・くまちゃんの、高校近辺移住日記」とは、

悲しいような、おもろいような・・・



実は悩んでいたのだった。

我が家は村の中心部から、更に奥地に30分の所にある。

こんな奥地だけれど、子供達の存在を考え合わせて、

村に高校が存在するということは嬉しかった。

そんな高校が、廃校だなんて、

なんてことだ!

通学はほぼ不可能だし、これから新たに移住してくる人だって、

居なくなるのでは?

これが、どうゆうことなのか、

廃校を決定した人たちは、解っているのだろうか?

(ただでさえ、高知の東部は、西部に比べ不人気である。)

(理由は、それぞれ暮らしてみれば簡単に解る事である。)



でも、この一年、時間をかけてじっくり考え直してみた。

ほんとうにこれでいいんだろうか?

我が家的には「しょうがないじゃん」と結論を出すのは、

しっくりこないのだった・・・

我が家のスタイルを、行政の影響でもって、

簡単に変えていいのだろうか?



そして、結論が出た。

出したった。。。


私は、ここで暮らすのが、好きだ。

なんか他の理由で、今まで大きな声で言えなかったけれど、

ほんとうに、この山に来てよかったと、

楽しく暮らせてきて、本当に嬉しいし、

毎日感謝している。


ま、結局、「何だか、うまいこと行くような気がする♪」

と、このまま奥地暮らしを続行する事にしたのだった。



「気がする」とは、保証も無い、ものなのだけれど、

自分が思い込めばいいのだもの。

それが「ほんとう」なのである。

そう思えた。

心から思えたのだった。



そうして、この春から、

私のお仕事、「手作り石鹸」の工房にしていた、

我が家の敷地内にある「離れ」の大改装工事に取り掛かることに

したのだった。



ここの所、石鹸のお仕事が、びっくりするぐらい増大して、

工房の改装は必要になっていたのだけれど、

「高校問題」で、ストップしていたのだった。

ちなみに我が家は、借家である。

近所に「別荘」があるくせに、

借家暮らしであった。(笑



ま、これも、「暮らす」となれば、

バリバリ改装ですぞ〜〜〜〜!

廃校だって、借家だって、なにも気にするもんか〜〜〜!!




続く・・・・






P3265116.JPG




posted by くまちゃん at 20:57| 高知 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

日だまりにて

P4245157.JPG

本日、晴天なり。




晴天だけど、朝から悲しい知らせ。。。

近所のお婆さんちのわんこ、まりちゃんが亡くなった。


こちらに引っ越してきてからの5年ほどの間、子供達のよき友、

遊び相手になってくれて、楽しく過ごした思い出が、

我が家の子供達の幼い姿と供に、無数によぎってしまう。。。


子犬の頃「鞠」のように丸い姿から、

お爺ちゃんが、「マリ」と名付けたんだって。

雄だけど、「まり」なんだよと、私たちが引っ越してきた時に、

お婆ちゃんがそう行って教えてくれた。

(そうか・・・)思いつつも、

まりちゃんの「大きい顔」と「がっしりした胴体」に

びっくりするほどアンバランスな、太くて短い足に、

初対面で大変失礼とは思いつつ、

「ブッ!」っと、ふきだしてしまった。


遠いご先祖さんに「ビーグル」が居たとのこと。

そのDNAが、短い足だけに出現したようだった。


その時にはもうすでに、名付けたお爺ちゃんは、

数年前の不慮の事故で他界していた。



まりちゃんの面白いエピソードは、色々ある。

稲刈りが終わって、何も無い田んぼに、

縦横無尽に走りまくる、モグラの掘った地下道を、

フガフガ言いながら、おおきな鼻で夢中になって掘り起こす姿が

最高に面白くて、私たちはゲラゲラ笑いながら、

「まり!まり〜!」と声をかける。

すると、ピタッと止まって、顔を上げて、

(なんですか?)みたく、困ったなと言うようにこちらを見るのだけれど、

その顔がおっそろしく真っ黒けだった。



子供が大好きで、我が家に子供達が遊びに来る到着30分前には

繋がれている縄を噛み千切ったりして、

玄関で待ってたり。

「どうして解るんだろうねぇ」と、私たちは不思議がったりもした。


さらに、面白いことを発見した。

まりに「ガマガエル」を見せるだけで、

「オウエッ!」と、さも気持ち悪そうにえずいて見せるのだった。

みただけで「オエッ!」なんだよ。

どうしてだったのか・・・



秋の稲刈りにも付いてきて、金色に色付いた田の中に

尻尾の先だけ見せながら分け入って、

ある所で盛んに吠えるので行ってみると、

マムシが居たり。

(ここに、マムシが居るぞ)と教えてくれていたのだった。



おとぼけな風体だけれど、しっかりものでもあって、

ある意味「不思議」な犬だったまりちゃん。。。。

お爺ちゃんが居なくなって、寂しかったお婆ちゃんに、

寄り添って、支えつつ過ごしていたように、

お爺ちゃんの想いをしっかり受け取りつつ、

(そう、ちゃんと解って居たんだと思う・・・)

生きたね。



きっと今頃、

どこかのきもちいいところで、

お爺ちゃんになぜてもらって、

日向ぼっこ、

してるんだろうなぁ・・・・




P7012698.JPG










posted by くまちゃん at 12:14| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

そして、くらっと来ます。

P4205146.JPG


季節の変わり目

うれしい響きの「春雨」というものも

こんなに 続きやがって。。。(笑



でも、いつかは晴れるんだ。

ぐずって泣いた あかちゃんが、

そのうち泣き止んだように。。。



そうして

ひさびさの

ほんとにひさびさの

なんだか久々すぎて、

恥かしいぐらい「青」な空に、

くらっと来てしまう、


雨の間、近くばかりを見ていたわたしがおりました。







posted by くまちゃん at 21:24| 高知 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

春はどこだ?

2007fuyu 378.jpg

「春、来たかな?」

と思ってゆるんでいたら、

「やっぱ、冬だったか・・・」 と、縮こまったり。

そうかと思えば、

雨ばっかり降って、

いやんなっちゃうなぁ。。。


ブログもすっかりごぶさたしちゃってて・・・


みんな、どうしてるんだろうかなぁ・・・
posted by くまちゃん at 20:57| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
西熊家『1縁』キャンペーン中♪(102歳まで続行だったんだ!) こんじるさんちのブログ♪ さぁあなたも「レッツクリック!」 ぶろぐらんきんぐ「四国」にて参加中です♪ よろしかったら、この緑の四角い所をクリックしてください〜(一日一回のみ・ワンクリックで10ポイント加算されます!) 人気ブログランキングへ 西熊家『1縁』キャンペーン中♪(102歳まで続行だったんだ!) こんじるさんちのブログ♪ さぁあなたも「レッツクリック!」 ぶろぐらんきんぐ「四国」にて参加中です♪ よろしかったら、この緑の四角い所をクリックしてください〜(一日一回のみ・ワンクリックで10ポイント加算されます!) 人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。